引越し業者選び

春は引越しのシーズンです。
大学進学が決まり念願の一人暮らしという人または大学を卒業し新社会人となり引越しを決める人など引っ越す理由は人により様々です。
ワクワクした気持ちもあれば不安な気持ちもあるかと思います。
また今まで実家暮らしだった新入生の人は別ですが今まで一人ぐらいであった場合は今まで住んでいた部屋の掃除も忘れることはできません。
引越しとなると否が応でも部屋をきれいにしなくてはいけませんのでまずは不要なもの、新居へ持っていく必要のないものを決めるのがいいと思います。
不要なものを処分してしまうことでだいぶ整理はしやすくなるものです。
また住所変更で必要になる手続きも忘れないようにしないといけません。

また一番大事になるのが引越し手段です。
自力でするのがそれとも引越し業者へ依頼するのかということです。
もし引越し業者へ頼むのであればできるだけ早いうちに連絡をしておく必要があります。
できるなら引越しの1ヶ月くらい前、いくら遅くても10日前には決めておくことです。
直前だと忙しい時期の場合はもう予約が取れないといった場合もよくあります。
ただし引越し業者はたくさんありますからどこがいいのかわからないという人がほとんどだと思います。特にはじめて引越しをする人は分からなくて当然ですよね。
そのような場合に失敗しがちなのがとにかく安ければいいと思ってしまうことです。
引越し業者なんて荷物を新居まで運ぶだけなのだからどこも同じなので安ければ安いほどいいと思うのは無理もないかもしれません。
ただし引越し業者であればどこも同じというのは間違っています。
サービスも会社によってかなり違ってきますしなによりも作業をする社員のレベルというものも
会社によって全然違います。
また荷物の補償がないというような会社も中にはありますのでただ値段が安いというだけで飛びつくのはやめたほうが良いです。
決めるポイントはとにかく利用者の声を聞くことです。
自分の周りで引越しをきた経験がある人がいればどこの会社が良かったのか聞くようにするのがいいです。またネットの口コミを調べてみるのもオススメです。
その中で気に入った会社を数社ピックアップして自分で見積もりを頼んだ際の対応などから判断して決めるのがいいです。

引っ越しの際に必要な手続き

引越しというと楽しみという気持ちもあれば面倒だという気持ちもあるでしょう。
まずは部屋探しですがこれは結構楽しいですよね。
時間は確かにかかりはしますがいろいろな物件を見るというのはワクワクするものです。
不動産屋に休日を利用して行くことになると思いますが車で物件まで連れて行ってくれることがほとんどでしょうしこれはそんなに辛いものではないです。
ただ楽しいことだけではなく大変なこともあります。引っ越し業者選びもそうですが区・市役所へ行ってする手続きも必要になります。
転出届と転入届は役所へ行かないとできません。
役所は休日はやってない場合が多いですし結構混んでるんですよね。
わたしが住んでる区役所では1時間以上待つなんてこともざらです。
役所の手続きは面倒だと思う方もいるかとしれませんが絶対に必要ですので早いうちにしておきましょう。
ちなみに転入届は引っ越してから2週間以内にしなければいけません。
他にも国民健康保険や国民年金、ペットを飼っている人は登録変更なども必要になります。
結構たくさんあるので事前に調べておいてひとつひとつこなしていくのがいいです。